【朗報】ニューヨークにあるプライベート・アイランドが14億円で購入可能!お急ぎください!!

【朗報】ニューヨークにあるプライベート・アイランドが14億円で購入可能!お急ぎください!!

アメリカ・ニューヨーク市にあるプライベート・アイランドが、驚きの値段で売りに出せれているのをご存知でしょうか?この記事を読んで気に入った方は、購入を検討してみてください。

     

ということで今回は、売りに出されているプライベート・アイランドの値段や設備などについての詳しい内容やSNSでの反応をご紹介していきたいと思います。

      

プライベート・アイランドの詳細

売りに出されているプライベート・アイランドの値段や設備などについて、「CNN.co.jp 公式サイト」からは以下のようなニュース記事が掲載されています。

(CNN) プライベート・アイランドでの暮らしにあこがれるけれど、都会からも離れがたい――。その両方をかなえる住まいが、1300万ドル(約13億9000万円)で売りに出ている。

     
コロンビア島は、ニューヨーク市郊外のニューロシェル沖に浮かぶ小さな島だ。売り主のアル・サットン氏は2007年にこの島を100万ドルで、さらに5年後には隣のピー島を50万ドルで購入した。

     
サットン氏がコロンビア島に建てた家は、広さ522平方メートルで寝室が4つ、バスルーム2つにオープンキッチン付き。電力は屋根の上の太陽光パネル、水は海水を淡水化する装置でまかない、下水処理システムは業者が管理する。

    
ハリケーンの襲来に備えて、周囲に高さ約4.3メートル、厚さ約1.5メートルの防潮堤を築いた。さらに自動式のシャッターや、地下室から1時間に約23万リットルの水をくみ上げるポンプも設置した。

     
購入から11年間のうちに投じた費用は800万ドル。85歳になったサットン氏は、この島とピー島を合わせて1300万ドルで手放すことを決めた。本人のもうけはあまり大きくないが、同氏が労力と資金を費やして完成させた「持続可能な家」は、次のオーナーに喜ばれることだろう。

     

出典:https://www.cnn.co.jp/travel/35139069.html (2019.06.28 16:20)

        

プライベート・アイランドの場所

売りに出されているプライベート・アイランドは、ニューヨーク市郊外のニューロシェル沖に浮かぶ小さな島です。島の名前は、「コロンビア島」というみたいですね。

    

      

SNSでの反応

売りに出されているプライベート・アイランドの値段や設備などについて、ツイッターではさまざまな声がツイートされています。今回は、その一部をご紹介していきたいと思います。

       

    

まとめ

今回は、アメリカ・ニューヨーク市にあるプライベート・アイランド「コロンビア島」についてご紹介してきました。

     

1300万ドル、日本円にして約13億9000万円もするということで、購入する人がいるのかどうか気になるところですよね。まあ、購入する人は億万長者の大金持ちに違いないですが・・・。

     

「お金持ちになってプライベート・アイランドに住んでみたい!」と思っている方も少なからずいるのではないでしょうか。その思いを強く持ち続ければ、きっと夢が叶うはずですので頑張ってください。